家づくりにおいて、フローリングの色選びはなかなか重要なものですよ。
一戸建て住宅のフローリングの色選びが日々の掃除に直結すると思っても良いと思いますので。
例えば、わが家のように、濃いめの茶色ことダークブラウンなフローリングの色を選びましたら、まあ掃除が大変です。濃い色の上で白色は目立つのです。つまり、埃がとても目立つのです。ですからクイックルワイパーは手放せません。 夜になればとくに気にならないわが家のフローリングの上の埃ですが、しかし日中はすごく目立つんですよね。ですからこまめな掃除が必須となります。
無難な茶色のフローリングのアパートでは、今の家ほどには掃除はしていませんでしたからね。フローリングの色によって掃除の頻度が増えています。 いや、掃除の頻度が増えることは良いことであると言えるのですが、しかし面倒は面倒です。オーソドックスな茶色にすれば良かったと思っています。ただ、濃い色みのフローリングということで、抜け毛は目立たないのでその点だけは良かったかなと思いますが。