未分類

全館空調 電気代はどれくらい?

全館空調の導入前に、光熱費も気になりますから電気代がどれぐらいかかるのか、大まかでもいいから知りたいと思っている方も多いでしょう。メーカーによっても多少前後はしますが、一ヶ月の平均は約1万円程度と思っておくと良いでしょう。特に良く使う時期が「夏の暑い時期」である7~8月と「冬の寒い時期」である12~2月頃です。良く使う時期の場合は約1.2~1.5万円ほどしますが、それ以外の過ごしやすい春や秋の程よい気温であれば、あまり空調そのものを使わないということもあって、約7,000~8,000円前後ぐらいで収まることもあります。あくまで平均となりますので、自分の住まい周辺の地域の寒暖差なども関わってきますので、目安としてで確認しておきましょう。参考にしながら使ってみて、その上で節約できるように空調の調整をしていくようにすれば、暑さ寒さなども感じにくく全館空調の持つ本来の力も発揮させつつ活用できます。

全館空調の価格は?

日本では全館空調が注目を集めていますが、導入したい気持ちはあっても様々な理由で躊躇している人は多いです。
導入を躊躇する理由のひとつが価格です。
メーカーによって価格は異なりますが、導入する費用の平均は200万円から300万円程度になります。
最近は低コストを実現しているメーカーも登場しているので、以前よりも安く導入することは可能です。
安いメーカーをチェックしてみると、全館空調本体を普通のエアコンくらいの規模にしたことで初期費用とメンテナンス費用を大幅に減らすことができています。
キャンペーンなどを利用すれば、さらに安く導入できます。
全館空調は1年中快適に過ごせるなどメリットも多いです。
高齢者がいる家庭ではヒートショックのリスクが減ります。
日本は毎年ヒートショックで命を落とす人が多く、特に高齢者はヒートショックの危険にさらされています。
全館空調であれば脱衣所やお風呂場、湯船の温度差が少ないので、安全で快適なバスタイムを過ごせます。

一戸建てのフローリング色選びは掃除に直結

家づくりにおいて、フローリングの色選びはなかなか重要なものですよ。
三重県の一戸建て住宅のフローリングの色選びが日々の掃除に直結すると思っても良いと思いますので。
例えば、わが家のように、濃いめの茶色ことダークブラウンなフローリングの色を選びましたら、まあ掃除が大変です。濃い色の上で白色は目立つのです。つまり、埃がとても目立つのです。ですからクイックルワイパーは手放せません。 夜になればとくに気にならないわが家のフローリングの上の埃ですが、しかし日中はすごく目立つんですよね。ですからこまめな掃除が必須となります。
無難な茶色のフローリングのアパートでは、今の家ほどには掃除はしていませんでしたからね。フローリングの色によって掃除の頻度が増えています。 いや、掃除の頻度が増えることは良いことであると言えるのですが、しかし面倒は面倒です。オーソドックスな茶色にすれば良かったと思っています。ただ、濃い色みのフローリングということで、抜け毛は目立たないのでその点だけは良かったかなと思いますが。

土地を選ぶときに調べておきたいこと

買いたい土地が決まったら敷地調査と地盤調査を行います。
敷地調査とは、建物の用途や大きさを規制する用途地域、高さが制限される斜面制限、防火地域の規制の有無、境界線を後退させるセットバックが必要なのか、といったことを調べることです。建築会社に依頼をすれば依頼した会社で調べてくれたり、他の業者に手配を回してくれたりします。 さらに確認しておきたいことが周辺の状態です。 水はけが悪い土地だと地盤沈下や土砂崩れなどの心配があります。水はけのよさは雨が降った後ならわかります。 近くにおおきな道路があると騒音が気になります。

学校が近くにある場合も、子供たちの声やチャイムなどの音が気になります。平日と休日、時間帯によって騒音状況は違うので、時間を変えてその土地を訪れてみましょう。

こういった周辺状況に関することなら、建築のプロでなくてもわかります。住むのは土地を購入する自分たちなので、自分たちにあった土地なのかを自分たちで確かめましょう。

土壁をクロス壁にリフォームするのは簡単ではない

古い住宅や和風住宅、新しい三重県の住宅であっても、好みによって室内の壁には土壁を利用している場合があります。このような室内の場合では、一定期間が経過してしまい、古くなってしまった場合では、土壁が剥がれ落ちてしまうことも目立つようになってしまうことがあります。このケースでは室内を綺麗に保つことが難しいので、リフォームとして一般的なクロス壁にすることを希望されている方も存在しています。しかし、土壁をクロス壁にリフォームするには、簡単な作業で終わらないケースが多く、まずは土壁の部分を完全に撤去することが必要です。その下地部分がしっかりとしているボードで作られている場合では、その上にクロスを張るリフォームを行うこともできますが、そうではない壁の場合では、ボードを新しく張って、下地を作る作業が必要になるので、クロスの壁からクロスの張り替えを行うという一般的な方法と比較をした場合では、大きな手間がかかってしまうことがあります。現在では優れたリフォーム業者が存在しているので、土壁であっても綺麗に施工を済ませることは可能です。

断熱性のいい住宅とは

注文住宅では断熱性が重視されます。
政府が推進する省エネ政策では、住宅部門の省エネが遅れていることがわかっています。政府は現在、300㎡以上の建物を建築する場合、省エネの届出を義務付けていますが、住宅のような小規模な建築物は対象外となっています。
将来は住宅においても省エネの義務化が予想され、現在建てられる住宅でも、省エネのための断熱の重要性が叫ばれています。
断熱性のよい住宅は、高性能の断熱材で住宅全体を包み、かつ、省エネサッシが設置されている住宅です。
住宅に用いられる断熱材にはさまざまな種類があり、それぞれに厚みも違います。一口に断熱材といっても性能は様々で、はっきりとした性能は熱貫流率により表されます。
熱貫流率の単位は、W/㎡・Kです。内外の温度差が1℃ある時に、1㎡の面積を通過する熱量で表され、数値が小さいほど性能の良い断熱材ということになります。サッシの断熱性能は、サッシ本体とガラスの断熱性を組み合わせたものです。

工務店に依頼するメリットデメリット

三重県で注文住宅の設計を工務店に依頼する場合、メリットとデメリットを知っておくことが重要です。
まずメリットですが、地域に密着した工務店の場合、その地方の気候の変化などをよく知っているため、それに合わせた最適な設計をすることができます。
またハウスメーカーなどの場合、そのメーカーが推奨する建材や規格などがありますが、工務店はそうした制約がないため、比較的、要望にそった設計を行うことができるというのもメリットです。
それに加えて、直接依頼をする場合、マージンが発生しないため、費用の負担をおさえることができるのです。
一方でデメリットは、技術力やデザイン力の差が大きいということです。
工務店は数が多いことから、技術力にばらつきがあります。
もしも、技術の低いところや、悪質な業者に依頼をしてしまうと、あとあと費用がかかってしまうリスクがあるのです。
またデザイン専門の人材がいない場合、ハウスメーカーや設計事務所などが設計するようなお洒落な外観や内装などの提案をしてもらえない可能性があります。
こうしたデメリットを軽減するためには、依頼する前にこれまでの施行例をできるだけ多く見せてもらうようにしましょう。

設計事務所に依頼するメリットデメリット

新築の住宅を考えている場合、基本的な設計は専門の設計事務所に依頼するのが一般的です。住宅の建築のノウハウを持っており、デザインなどに関しても写真やパンフレット、最近ではCGなどを利用して、可能な限り可視的に細かく住宅の様子を紹介してくれますので、依頼する側としても安心して容易に新築のイメージをつかみやすいというメリットがあります。併せて、ご家族の建築予算や世帯規模、将来的な増築の検討なども相談に乗ってくれますので、末永くお付き合いすることにもなります。デメリットとしては、画一的な工法、一般的な建築素材、住居内の空間まで設計されてしまっている、という点です。つまり、自分が頭に描いている住宅を自由に設計することが出来ない、注文住宅を受け付けてくれる設計事務所は少ない、ということです。せっかく建てるのだから家族の意向をもっと反映させたい、と思っていても、既存の一般的な住宅をベースとしてしか設計が組めないという点です。

断熱性のいい住宅とは

屋根の材質に関係なく、屋根塗装の塗膜は断熱性に影響します。注文住宅は、再塗装するまでの期間を長く確保できる塗料も選べます。屋根塗装のリフォームは、施工作業のために足場を組む必要があるので、屋根面積や塗料の量に関係なく工事そのものが大掛かりになります。光触媒で屋根塗装すると、効果は永続的となり、断熱性も高くなります。注文住宅の工務店によって、使用する塗料の割引率が異なります。光触媒の施工実例が多い工務店ほど割引価格で対応してもらいやすいです。光触媒が高くても、光触媒と同じように耐久性が高いフッ素系塗料の施工実例が豊富な工務店もあります。注文住宅の工務店は定期メンテナンスを実施してくれますので、必ずしも光触媒にこだわらなくても、フッ素系塗料のように耐久性の高い塗料を選び、適切な時期に再塗装してもらうと良いでしょう。急勾配の屋根のデザインで設計したい人には、フッ素系塗料のほうが塗装に向いている場合も多いです。急勾配の屋根のロフトも断熱効果が備わり、布団や衣類を清潔に保管できます。

家づくりの進め方

注文住宅で新築を考えた時、まず何から始めたらよいのでしょうか?
それはまず第一に敷地の調査が重要です、当該敷地は用途地域は何で建蔽率、容積率はどうでと言うことを理解しないと、どのくらいの家が建ち、どのくらいまで建つのか、何階建てまで建つか?またそもそも住宅を建築できる地域なのかどうか?
建築するための基本的情報をこの敷地調査で把握することが重要です。そしてこの基本的情報をベースにやっと設計、プランニングです。これは設計士さんにお願いして、まずは予算を度外視して自分たちの理想も間取りを設計するのが大切です。
設計ができれば予算を把握するため見積もりですが、単に数字を並べるのでなく仕様書も一緒に頂き、どんな材料をいくら使ってこの価格になる、ということを理解できるまで確認が大切です。そしてほぼ納得できればやっと契約という運びになります。実際にはコンセントの位置であるとか、棚の高さの確認、実際の材料の確認等々続いていきますが、三重県伊賀市で注文住宅の家作りは自分が納得して次へ、納得して次へと、納得して次のステップへ行くのが大切です。